読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台巡礼の実録(その0)

アニメ関連の聖地巡礼ならびに舞台探訪を主に紹介したいと思います。

「たまこラブストーリー」の現実世界における時間軸の考察

2014年4月26日から劇場で公開された「たまこラブストーリー」は、瑞々しい思春期の恋模様を魅せてくれる。物語は、主人公のたまこが高校3年生となった新緑の季節の約1ヶ月間が舞台である。ここでは、限られた情報の中から「たまこラブストーリー」の現実世界に相応する日時を推定したい。

物語の中で日時を特定する要素として、”うさぎ山御霊祭”のポスター(5月18日 14時の表記)と夜空の天文現象が挙げられる。その中でも、オープニング前の物語の最初に登場した”満月と火星の位置関係”は、現実世界との時間軸の比較を行うのに重要な要素となり得る。一方、物語内で登場した月は、全てのシーンで満月(もしくはそれに近い満ち欠け)である。

ところで、以下に示したように現実世界においては、満月と火星の位置関係を満たす日時は2014年4月14日に該当する(図1を参照)。したがって、「たまこラブストーリー」は、2014年4月14日から約1ヵ月後(物語開始時、みどりの”うさぎ山マーチングフェスティバル”は約1ヵ月後との言及より)の5月中旬頃までのストーリーであると推定される。

また、もち蔵が銭湯の「うさ湯」に赴いた20時頃には、西の空ではおうし座周辺の夜空を見ることができる(図2を参照)。ここで、写真中央部の明るい星はおうし座の1等星アルデバランである。ちなみに「うさ湯」の位置する方角は、実際の出町桝形商店街において西側出入口の道路筋に位置しており(図3を参照)、もち蔵や「うさ湯」から駆け出したたまこは共に、おうし座周辺の夜空を見上げたと思われる。

f:id:cycle_junrei:20140616222650j:plain

図1. 2014年4月14日に観測された月と火星の位置関係。(撮影 2014/4/14)

f:id:cycle_junrei:20140616223839j:plain

図2. おうし座の周辺。中央部の明るい星は1等星のアルデバラン。(撮影 2013/11/28)

f:id:cycle_junrei:20140615145815j:plain

図3. 出町桝形商店街の西側出入口(撮影 2014/6/7)

 

一方、上述した期間(2014年4月14日~5月中旬)にかけて月の満ち欠けが満月となるのは、以下に示すように4月15日と5月15日に限定される(図4を参照)。したがって、映画で三度見られた満月(もしくはそれに近い満ち欠け)は4月15日と5月15日の周辺と推定される。

f:id:cycle_junrei:20140616223123j:plain

図4.  2014年4月から5月における月の満ち欠け。

 

以上の天文現象ならびに御霊祭の日時(5月18日)より、「たまこラブストーリー」における現実世界との時間軸は以下のように再現することができるであろう。

年月日 イベント
2014年4月14日(月) 映画のオープニング直前の、もち蔵とたまこの糸電話シーン(月と火星の位置から、この日を推定した)。
2014年4月15日(火) 満月。
2014年4月15日(火)~16日(水)頃 かんな、うさぎ山マーチングフェスティバルへの出場を提案。
たまこ、みどり、かんな、史織たちの進路相談。
もち蔵、何とかたまこに告白したいと行動するが、ことごとく失敗する。
2014年4月17日(木)頃

みどりともち蔵、トイレ前の会話。
みどり「いつ言うの!?」、もち蔵「今日です!」
もち蔵、鴨川デルタでたまこに告白。

もち蔵「俺、めちゃくちゃ、たまこが好きだ!」
たまこ「かたじけねえ。」

夜から雨が降り出す。なお、15日に満月を迎えているので、この日も満月に近い満ち欠けを見ることができる。

2014年4月18日(金) この日から約1ヶ月間、たまこが恋に悩む。
たまこ「イリュージョンの練習。」
かんな「ちなみに、私は釘スランプに陥りました。」
史織「何だか、お弁当が釘の匂いがしてきたのだけど。」
4月19日(日)~5月12日(月) この間、もち蔵とたまこの悶々とした日々が続く。
2014年5月12日(月)~14日(水)

たまこ「上手に受け止められなくて。」

たまこ、豆大の「恋の歌」を大音量で聴く。
もち蔵「わあああーー!」
福さんの入院。

もち蔵「なかったことにしてくれないか?」

なお、この週の15日には満月を迎える。雲に懸かった朧月も、この期間であると思われる。

2014年5月15日(木) 満月。
2014年5月15日(木)

かんな「しおちゃん、この間、橋の上でスルーしましたね?」、

史織「大路くん、すごい・・・!」

かんな「今度、私の家を建てて。」
あんこ、制服姿を披露!
さらに、ひなこさんも歌声を披露!

2014年5月16日(金)

たまこ「私、バトン受け止められるような気がする。もち蔵にもちゃんと伝える。」

みどり「・・・、だね!」

2014年5月17日(土) うさぎ山マーチングフェスティバル。
(満月に近い満ち欠けが見られ、かつイベントが行われる一番近い休日として、この日と思われる。本イベントは祭りの前座とみられるので、御霊祭の前日と推定した。)
2014年5月18日(日)

うさぎ山御霊祭(映画では御霊祭のシーンなし)。

※ なお、現実世界においては出町桝形の御霊祭が毎年5月18日に実施される。昨年は本作品のポスター表記通り14時頃に商店街を通過したが、今年(2014年)は13時30分頃に行なわれた。

翌日、休校との連絡網(通常、連絡網は休日に実施すると思われるので、この日と推定した)。

2014年5月19日(月)頃

かんな「みどちゃん、私も高い所に登ってみますかね?」

みどり「わあああーー!」

もち蔵「たまこ、どうしてここに!?」

たまこの告白。

たまこ「もち蔵、大好き、どうぞ!」

以上、天文現象から代表的なイベントを列記したが、引き続き、映画鑑賞にて気になった点があれば逐次追記/補正を実施したいと思います。

 

 (※) 当ブログでは比較目的のため、著作物の引用を行なっています。これらの著作権京都アニメーション/うさぎ山商店街に帰属します。 また、「今日のほしぞら」及び「月齢カレンダー」は各々、”国立天文台 暦計算室”ならびに”こよみのページ”のサイトにて各種天文データを算出し、引用させて頂きました。