読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台巡礼の実録(その0)

アニメ関連の聖地巡礼ならびに舞台探訪を主に紹介したいと思います。

「たまこラブストーリー」~(5) 補足: 夜空と天文現象

たまこラブストーリー」(2014年4月26日から劇場で公開)では、鴨川デルタや藤森など精緻な舞台が背景として描かれました。一方、本作品では夜空の星や天体に関しても現実に即した背景が描かれました(BD/DVDのスタッフオーディオコメンタリーを参照)。以下では、画面に現れた夜空を紹介します。【随時更新:最新2014/10/22】

(a) 月と火星(撮影 2014/4/14)

2014年4月14日に実際の世界においても、月の側に火星が近づくといった珍しい天文現象がありました。物語の最初に、もち蔵がたまこに糸電話を投げるシーンは、2014年4月14日であったと推定されます。

f:id:cycle_junrei:20141022205222j:plain

f:id:cycle_junrei:20141022205036j:plain

(b) おうし座周辺。中央の明るい星は1等星のアルデバラン。(撮影 2013/11/28)

うさ湯でもち蔵に出くわしたたまこが逃げるように出て行ったシーンの西の空には、おうし座が位置していました。

f:id:cycle_junrei:20141022205706j:plain

その他、2箇所で精密な夜空が登場しましたが、分かり次第、改めてご紹介したいと思います。

(※)なお、本ブログでは以前(2014/6/16付の記事)、上述した天文現象を用いて本作品の時間軸を推定しましたので、併せてお読み下さると幸いです。

「たまこラブストーリー」の現実世界における時間軸の考察 - 舞台巡礼の実録(その0)

(※) 当ブログでは比較目的のため、著作物の引用を行なっています。これらの著作権京都アニメーション/うさぎ山商店街に帰属します。また「今日のほしぞら」及び「月齢カレンダー」は、各々”国立天文台 暦計算室”ならびに”こよみのページ”のサイトにて各種天文データを算出し、引用させて頂きました。