舞台巡礼の実録(その0)

アニメ関連の聖地巡礼ならびに舞台探訪を主に紹介したいと思います。

映画「中二病でも恋がしたい! Take On Me」~(2) 聖地巡礼:和歌山県・和歌山、御坊、美浜地区

映画「中二病でも恋がしたい!Take On Me」(2018年1月6日より公開)に登場した舞台を場所別に紹介していきます。今回の映画では過去の京アニ作品の数々の舞台が登場し、「中二病」ファンに留まらず各作品のファンにとっても懐かしさを感じさせることとなりました。上述したように、本作品では日本各地の広い範囲の舞台が登場しましたが、ここでは和歌山県和歌山市御坊市美浜町を紹介したいと思います。なお一部舞台は同じく京アニ作品の「AIR」(2005年)でも登場しました。【作成 2018/8/16,最終更新】

御坊市美浜町

(1) 紀州鉄道西御坊駅

f:id:cycle_junrei:20180816194545j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195000j:plain

(撮影 2018/8/14)

京アニ作品の「AIR」(2005年)でも登場したお馴染みの景色です。

f:id:cycle_junrei:20180816194607j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195111j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816194625j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195141j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 西新薗橋より下川(日高川)を眺める。

f:id:cycle_junrei:20180816194641j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195339j:plain

(撮影 2018/8/14)

西御坊駅の駅舎前の踏切。

(2) 美浜町・尾上橋、お城のホテルの該当地

f:id:cycle_junrei:20180816195634j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195847j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 尾上橋は、紀州鉄道・市役所前駅付近の国道42号(熊野街道)・大浜通り交差点を西方に向かい、美浜町に入って西川(日高川)上に所在します。

f:id:cycle_junrei:20180816195654j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195941j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816195711j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816200740j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 実際にはお城のホテルはありません。

f:id:cycle_junrei:20180816195728j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816200851j:plain

(撮影 2018/8/14)

(3) 美浜町・煙樹ヶ浜

f:id:cycle_junrei:20180816201138j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201506j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816201155j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201530j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 京アニ作品の「AIR」(2005年)でも登場したお馴染みの景色です。なお、「中二病」シリーズでは福井県美浜町が登場しましたが、本作で同名の和歌山県美浜町も登場することになりました。

和歌山市

(1) 和歌山駅前の高速バス乗り場

f:id:cycle_junrei:20180816201905j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201652j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816201931j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201715j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816201956j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201747j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816202017j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201810j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816202037j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201835j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 実際のダイヤも同じでした。

(2) モリサマと凸守の宿泊したホテル

f:id:cycle_junrei:20180816202131j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816202149j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ モリサマと凸守が宿泊したホテルのモデルは”和歌山アーバンホテル”と思われます。カットまで合わせるには高層階から撮る必要があります。

(※)当ブログでは比較目的のため、著作物の引用を行なっている箇所があります。これらの著作権は虎虎/京都アニメーション中二病でも製作委員会に帰属します。

映画「中二病でも恋がしたい! Take On Me」~(1) 聖地巡礼:兵庫県・西宮地区

映画「中二病でも恋がしたい!Take On Me」(2018年1月6日より公開)に登場した舞台を場所別に紹介していきます。本作品はTV版「中二病でも恋がしたい!」(1期)(2012年10月~12月)、「中二病でも恋がしたい!戀」(2期)(2014年1月~3月)、劇場版「小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!」(2013年9月14日から公開)に続く完全オリジナルの続編であり、2014年に2期が放送されて以来、約4年後に続編が制作されたことで京アニファンにとって大きな驚きとなりました。前述「中二病でも恋がしたい!」シリーズは滋賀県大津市が主な舞台となっていますが、今回の映画では過去の京アニ作品の数々の舞台が登場し、「中二病」ファンに留まらず各作品のファンにとっても懐かしさを感じさせることとなりました。

上述したように本作品では日本各地の広い範囲の舞台が登場しましたが、ここでは兵庫県西宮市を紹介したいと思います。なお、以下の各舞台は、同じく京アニ作品の「涼宮ハルヒの憂鬱」(2006年、2009年)、映画「涼宮ハルヒの消失」(2010年2月公開)でも登場しました。【作成 2018/8/16,最終更新】

(1) 旧サイゼリヤ北夙川店

阪急甲陽線の苦楽園口~甲陽園駅間(西宮市北名次町)の線路沿いにあった”サイゼリヤ北夙川店”は2014年2月に閉店・建物も解体されており、現在(2018年8月時点)はファミリーマート西宮北名次店が立地しています。したがって、今はもう観ることのできない舞台ですが、参考までに一部のカットでは当時の写真も併せて紹介させていただきます。

【外観の風景】

f:id:cycle_junrei:20180816181345j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816182610j:plain

現在の風景(撮影 2018/7/22)

f:id:cycle_junrei:20180816182649j:plain

当時の風景(撮影 2014/8/17)

f:id:cycle_junrei:20180816181406j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816182806j:plain

現在の風景(撮影 2018/7/22)

f:id:cycle_junrei:20180816182423j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816182904j:plain

現在の風景(撮影 2018/7/22)

f:id:cycle_junrei:20180816182456j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816182959j:plain

現在の風景(撮影 2018/7/22)

f:id:cycle_junrei:20180816183041j:plain

当時の風景(撮影 2014/3/16)

f:id:cycle_junrei:20180816182511j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816183223j:plain

現在の風景(撮影 2018/7/22)

f:id:cycle_junrei:20180816183258j:plain

当時の風景(撮影 2014/8/17)

夙川学院中高校の移転に加えて宅地化の進行、さらにマンションが建てられたことにより、この辺りも大きく変わりました。

【内部の風景:2014年当時の写真でよく似たカットを紹介します】

f:id:cycle_junrei:20180816181908j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816182131j:plain

(撮影 2014/2/8)

f:id:cycle_junrei:20180816181930j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816182223j:plain

(撮影 2014/2/8)

f:id:cycle_junrei:20180816181953j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816182250j:plain

(撮影 2014/2/8)

(2) 阪急神戸線西宮北口駅前のにしきた公園

舞台として登場した阪急神戸線西宮北口駅の北側の”駅前公園”は「涼宮ハルヒの憂鬱」(2009年)放送当時に改築され、同じ姿で見ることはできません。現在は”にしきた公園”として、当時とは異なる風景となっています。

f:id:cycle_junrei:20180816184111j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816184126j:plain

現在の風景(撮影 2018/7/22)

涼宮ハルヒの憂鬱/消失」の舞台として知られる西宮の風景は、いずれも当時とは大きく変わりました。 

(※)当ブログでは比較目的のため、著作物の引用を行なっている箇所があります。これらの著作権は虎虎/京都アニメーション中二病でも製作委員会に帰属します。

「涼宮ハルヒの憂鬱、消失」/「長門有希ちゃんの消失」~北高の初日の出(2018年)

涼宮ハルヒの憂鬱/消失」(2006, 2009, 2010年)ならびに「長門有希ちゃんの消失」(2015年)の舞台である県立北高(実際のモデルは兵庫県西宮北高校に該当)周辺は西宮市苦楽園の高台に位置しており、大阪湾一帯を一望できるスポットとして知られています。本年(2018年)も北高前の坂道から初日の出を眺めましたので紹介したいと思います。 【作成 2018/1/1、更新】(撮影 2018/1/1)

f:id:cycle_junrei:20180101105600j:plain

早朝6時01分、まだ暗いにも関わらず、既に何台も自動車が待機していました。

f:id:cycle_junrei:20180101105702j:plain

6時32分、大阪方面の東の空が徐々に明るくなり始めました。

f:id:cycle_junrei:20180101105809j:plain

6時38分、今年も初日の出を見ることができそうです。

f:id:cycle_junrei:20180101110009j:plain

7時01分、日の出の時刻が近づくにつれて、大勢の人が集まり始めています。

f:id:cycle_junrei:20180101110101j:plain

7時7分、西宮では初日の出の時刻(7時5分頃)を過ぎていますが、大阪方面の生駒山地により多少遅れていました。

f:id:cycle_junrei:20180101110211j:plain

7時8分、2018年の西宮北高前の坂道から見た初日の出の瞬間です。

f:id:cycle_junrei:20180101110252j:plain

7時8分、手前に西宮北口の高層マンションと大阪のビル街の背後から太陽が昇り始めています。

f:id:cycle_junrei:20180101110452j:plain

7時9分、晴天の下で太陽が昇り始めています。

f:id:cycle_junrei:20180101110538j:plain

7時9分、どんどん昇っていく太陽。

f:id:cycle_junrei:20180101110834j:plain

7時11分、晴天の下で元日の一日が訪れます。

f:id:cycle_junrei:20180101110937j:plain

7時11分、太陽が完全に昇り始めました。

f:id:cycle_junrei:20180101111051j:plain

7時17分、今年の初日の出時における北高周辺の様子。

f:id:cycle_junrei:20180101111230j:plain

f:id:cycle_junrei:20180101111322j:plain

7時21分、初日の出を眺めた後、解散していく。

例年、北高前の坂道はハルヒファンのみならず、一般の方もお越しになる初日の出スポットですが、今年も晴天が見込まれたこともあって多数の方が現地に来ていました。

【本ブログの過去の参考記事】

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

 

響け!ユーフォニアム~あじろぎの道の四季(2017年版)

響け!ユーフォニアム」(1期(2015年4~7月)、2期(2016年10~12月)、劇場版(2016年4月23日公開、2017年9月30日公開))は吹奏楽部をテーマとした作品であり、制作の京都アニメーションが所在する京都府宇治市とその周辺が舞台ということで大きな話題となりました。ここでは、宇治側沿いに位置するあじろぎの道(特に、井川用水機場近くの通称”久美子のベンチ”周辺)の四季を紹介したいと思います。【作成 2017/11/3、更新】(撮影 2017/1/21, 4/8, 8/14, 11/3)

Blu-rayディスク第1巻表紙、ならびに1期の第1話より

f:id:cycle_junrei:20171104224548j:plain

f:id:cycle_junrei:20171104224605j:plain

f:id:cycle_junrei:20171104224654j:plain

春(2017/4/8)

f:id:cycle_junrei:20171104224716j:plain

夏(2017/8/14)

f:id:cycle_junrei:20171104224741j:plain

秋(2017/11/3)

f:id:cycle_junrei:20171104224810j:plain

冬(2017/1/21)

・1期の第2話より

f:id:cycle_junrei:20150516195637j:plain

f:id:cycle_junrei:20171104224847j:plain

春(2017/4/8)

f:id:cycle_junrei:20171104224917j:plain

夏(2017/8/14)

f:id:cycle_junrei:20171104224940j:plain

秋(2017/11/3)

f:id:cycle_junrei:20171104225003j:plain

冬(2017/1/21)

※ 通称”久美子のベンチ”と呼ばれる周辺は平等院鳳凰堂の至近距離に位置しており、さらに宇治川の対岸にも塔の島が所在しています。ここでは聖地巡礼者のみならず、多くの観光客もまたあじろぎの道の四季を堪能されていました。

(※) 当ブログでは比較目的のため、一部著作物の引用を行なっている画像があります。これらの画像の著作権武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会に帰属します。

たまこまーけっと/たまこラブストーリー~藤森の四季(2017年版)

たまこまーけっと」(2013年1~3月までTV放送)/「たまこラブストーリー」(2014年4月26日から劇場公開)の舞台のモデルとして、京阪電車藤森駅前(京都市伏見区深草キトロ町)の琵琶湖疎水沿いの遊歩道が知られています。2017年の今年もまた紹介したいと思います。【作成 2017/11/3、更新】(撮影 2017/2/25, 4/6, 8/14, 11/3)

f:id:cycle_junrei:20151230213512j:plain

メインビジュアルの風景

f:id:cycle_junrei:20171104215941j:plain

春(2017/4/6)

f:id:cycle_junrei:20171104220003j:plain

夏(2017/8/14)

f:id:cycle_junrei:20171104220021j:plain

秋(2017/11/3)

f:id:cycle_junrei:20171104220044j:plain

冬(2017/2/25)

※ 疎水沿いは今年もまた様々な横顔を魅せてくれました。

【参考】過去の藤森駅前の四季については下記記事をご覧下さい。

・2014年版(一部)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・2015年版

cycle-junrei.hatenablog.jp

・2016年版

cycle-junrei.hatenablog.jp

(※) 当ブログでは比較目的のため、一部著作物の引用を行なっているところがあります。これらの著作権京都アニメーション/うさぎ山商店街に帰属します。

「涼宮ハルヒの憂鬱/消失」、「長門有希ちゃんの消失」~北高の四季(2017年版)

西宮市苦楽園の高台に所在する北高(実際の舞台は兵庫県西宮北高校)からの風景は非常に眺めが良いことで知られており、大阪湾一帯に広がるビル群や生駒山系の山々を一望することができます。 2011年以来、毎年北高から眺めた四季の風景を紹介していますが、今年(2017年)も季節毎の移り変わりを紹介したいと思います。【作成 2017/11/4、更新】(撮影 2017/2/4, 4/7, 8/17, 11/3)

(a) 2017年の北高

f:id:cycle_junrei:20171104213759j:plain

春(撮影 2017/4/7)

f:id:cycle_junrei:20171104213842j:plain

夏(撮影 2017/8/17)

f:id:cycle_junrei:20171104213859j:plain

秋(撮影 2017/11/3)

f:id:cycle_junrei:20171104213916j:plain

冬(撮影 2017/2/4)

2017年の北高周辺の風景は特に大きな変化はありませんでしたが、夏頃に北高側の木々の枝が通行上の視界の悪化に伴って伐採されています。このため今年の紅葉が昨年よりも少し寂しくなりました。また10月21~22日まで超大型の台風21号の上陸、さらに同月28~29日と台風22号に伴う豪雨が続いたこともあって、今年の紅葉の落葉が例年よりも早く進行したようです。来年は好天が続くことを期待したいです。

【参考】 2011年以来、過去6年間の北高の四季については、下記記事をご覧下さい。

・北高の四季(2011年~2014年まで)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2015年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2016年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

 

「涼宮ハルヒの憂鬱、消失」/「長門有希ちゃんの消失」~北高の初日の出(2017年)

涼宮ハルヒの憂鬱/消失」(2006, 2009, 2010年)ならびに「長門有希ちゃんの消失」(2015年)の舞台のモデルである北高(実際のモデルは、兵庫県西宮北高校)周辺は西宮市苦楽園の高台に位置しており、大阪湾一帯を一望できるスポットとして広く知られています。今年(2017年)も北高前から眺めた初日の出を紹介したいと思います。 【作成 2017/1/1、更新】(撮影 2017/1/1)

f:id:cycle_junrei:20170101105204j:plain

早朝5時56分、まだ暗いですが、何台か自動車が待機していました。

f:id:cycle_junrei:20170101105252j:plain

6時23分、大阪方面の東の空が徐々に明るくなり始めました。

f:id:cycle_junrei:20170101105415j:plain

6時31分、北高の夜明けが訪れました。

f:id:cycle_junrei:20170101105533j:plain

6時49分、日の出の時刻が近づくにつれて、大勢の人が集まり始めています。

f:id:cycle_junrei:20170101105645j:plain

7時6分、西宮では初日の出の時刻(7時6分頃)が過ぎていますが、大阪方面の生駒山地により少々遅れているようです。

f:id:cycle_junrei:20170101110007j:plain

7時7分、2017年の西宮北高前から見た初日の出の瞬間です。

f:id:cycle_junrei:20170101110038j:plain

7時7分、西宮北口の高層マンションと梅田のビル街の背後から太陽が昇り始めています。

f:id:cycle_junrei:20170101110143j:plain

7時8分、晴天の下で太陽が昇り始めています。

f:id:cycle_junrei:20170101110417j:plain

7時10分、太陽が完全に昇り、元日の一日が訪れます。

f:id:cycle_junrei:20170101110611j:plain

7時12分、2017年のはじまり。明けましておめでとうございます。

f:id:cycle_junrei:20170101110718j:plain

7時18分、太陽が昇っていくにつれて来訪者が解散し始めました。

例年、北高前の坂道はハルヒファンのみならず、一般の方もお越しになる初日の出スポットですが、今年は晴天が見込まれ気温も高かったこともあって、例年よりも観賞者が多かったように感じました。

【本ブログの過去の参考記事】

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp