舞台巡礼の実録(その0)

アニメ関連の聖地巡礼ならびに舞台探訪を主に紹介したいと思います。

「涼宮ハルヒの憂鬱、消失」/「長門有希ちゃんの消失」~北高の初日の出(2021年)

涼宮ハルヒの憂鬱/消失」(2006, 2009, 2010年)ならびに「長門有希ちゃんの消失」(2015年)の舞台である県立北高(実際のモデルは兵庫県西宮北高校)周辺は西宮市苦楽園の高台に位置しており、大阪湾の街並みを一望できるスポットとして知られています。2021年も北高前の坂道から初日の出を眺めました。 【作成 2021/1/2、更新】(撮影 2021/1/1)

f:id:cycle_junrei:20210102214727j:plain

7時6分、大阪方面の東の空が徐々に明るくなり始めました。すでに大勢の人が集まり始めています。

f:id:cycle_junrei:20210102214747j:plain

f:id:cycle_junrei:20210102214801j:plain

f:id:cycle_junrei:20210102214820j:plain

f:id:cycle_junrei:20210102214834j:plain

7時8~10分、大阪のビル街の背後の生駒の山合いが赤くなり、太陽が昇り始めました。

f:id:cycle_junrei:20210102214852j:plain

f:id:cycle_junrei:20210102214906j:plain

f:id:cycle_junrei:20210102214925j:plain

7時13~15分、今年の西宮北高前の坂道からの初日の出。

f:id:cycle_junrei:20210102214945j:plain

7時21分、初日の出を眺めた後、解散していく。

昨年のコロナ禍による帰省や旅行の自粛、約9年半ぶりの原作「涼宮ハルヒの直観」の発売効果もあって、例年よりも多くのファンや周辺住民の方々が北高前の坂道に集まっていました(約80人以上か?)。今年は交通機関終夜運転の中止もあり現地への到着が遅れましたが、本年も初日の出を拝むことができて良かったと思います。

【本ブログの過去の参考記事】

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

 

「涼宮ハルヒの憂鬱/消失」、「長門有希ちゃんの消失」~北高の四季(2020年版)

兵庫県西宮市苦楽園の高台に所在する県立北高(実際の舞台は兵庫県西宮北高校)からの風景は、大阪湾一帯に広がる街並みと遠く生駒山系を一望することができます。2011年以来、毎年北高から眺めた四季の風景を紹介していますが、今年(2020年)も移り変わりを報告します。【作成 2020/12/31、更新】(撮影 2020/1/18, 4/4, 8/13, 11/8)

(a) 2020年の北高

f:id:cycle_junrei:20201231180646j:plain

春(撮影 2020/4/4)

f:id:cycle_junrei:20201231180826j:plain

夏(撮影 2020/8/13)

f:id:cycle_junrei:20201231180852j:plain

秋(撮影 2020/11/8)

f:id:cycle_junrei:20201231180906j:plain

冬(撮影 2020/1/18)

2020年の北高周辺の風景は特に大きな変化はありませんが、今年は新型コロナウイルスもあって行く機会が少なかったのが残念です。

【参考】 2011年以来、過去8年間の北高の四季については、下記記事をご覧下さい。

・北高の四季(2011年~2014年まで)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2015年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2016年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2017年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2018年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2019年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

 

「涼宮ハルヒの憂鬱、消失」/「長門有希ちゃんの消失」~北高の初日の出(2020年)

涼宮ハルヒの憂鬱/消失」(2006, 2009, 2010年)ならびに「長門有希ちゃんの消失」(2015年)の舞台である県立北高(実際のモデルは兵庫県西宮北高校)周辺は西宮市苦楽園の高台に位置しており、大阪湾の街並みを一望できるスポットとして知られています。2020年も北高前の坂道から初日の出を眺めました。 【作成 2020/1/1、更新】(撮影 2020/1/1)

f:id:cycle_junrei:20200101120844j:plain早朝6時33分、大阪方面の東の空が徐々に明るくなり始めました。

f:id:cycle_junrei:20200101120916j:plain6時51分、今年も初日の出を見ることができそうです。日の出の時刻が近づくにつれて、大勢の人が集まり始めました。

f:id:cycle_junrei:20200101120949j:plain7時8分、大阪のビル街の背後の生駒の山合いが赤くなり始めました。

f:id:cycle_junrei:20200101121019j:plain7時15分、太陽が昇り始めました。

f:id:cycle_junrei:20200101121049j:plain

f:id:cycle_junrei:20200101121140j:plain

f:id:cycle_junrei:20200101121227j:plain7時16, 17, 18分、今年の西宮北高前の坂道からの初日の出。

f:id:cycle_junrei:20200101121306j:plain7時19分、太陽が完全に昇りました。

f:id:cycle_junrei:20200101121327j:plain7時25分、初日の出を眺めた後、解散していく。

今年も近所の一般の方も含めて多くの方が令和初の初日の出を楽しみました。

【本ブログの過去の参考記事】

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

 

「涼宮ハルヒの憂鬱/消失」、「長門有希ちゃんの消失」~北高の四季(2019年版)

兵庫県西宮市苦楽園の高台に所在する県立北高(実際の舞台は兵庫県西宮北高校)からの風景は、大阪湾一帯に広がる街並みと遠く生駒山系を一望することができます。2011年以来、毎年北高から眺めた四季の風景を紹介していますが、今年(2019年)も季節の移り変わりを撮影しました。【作成 2020/1/1、更新】(撮影 2019/1/20, 4/14, 7/7, 11/16)

(a) 2019年の北高

f:id:cycle_junrei:20200101114107j:plain春(撮影 2019/4/14)

f:id:cycle_junrei:20200101114129j:plain夏(撮影 2019/7/7)

f:id:cycle_junrei:20200101114157j:plain秋(撮影 2019/11/16)

f:id:cycle_junrei:20200101113948j:plain冬(撮影 2019/1/20)

2019年の北高周辺の風景は特に大きな変化はありませんが、夏から秋にかけて小学校側の桜の枝の伐採により少し寂しくなりました。全般的に天候に恵まれなかった日が多かったのが残念です。来年も好天が続くことを期待します。

【参考】 2011年以来、過去8年間の北高の四季については、下記記事をご覧下さい。

・北高の四季(2011年~2014年まで)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2015年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2016年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2017年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2018年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

 

「涼宮ハルヒの憂鬱、消失」/「長門有希ちゃんの消失」~北高の初日の出(2019年)

涼宮ハルヒの憂鬱/消失」(2006, 2009, 2010年)ならびに「長門有希ちゃんの消失」(2015年)の舞台である県立北高(実際のモデルは兵庫県西宮北高校)周辺は西宮市苦楽園の高台に位置しており、大阪湾の街並みを一望できるスポットとして知られています。2019年も北高前の坂道から初日の出を眺めましたので早速紹介したいと思います。 【作成 2019/1/1、更新】(撮影 2019/1/1)

f:id:cycle_junrei:20190101112742j:plain

早朝6時11分、まだ暗いにも関わらず、既に何台か自動車が待機していました。

f:id:cycle_junrei:20190101112849j:plain

6時24分、大阪方面の東の空が徐々に明るくなり始めました。

f:id:cycle_junrei:20190101112917j:plain

6時29分、赤みがかった素晴らしい夜明けでした。今年も初日の出を見ることができそうです。

f:id:cycle_junrei:20190101113039j:plain

6時44分、日の出の時刻が近づくにつれて、大勢の人が集まり始めました。

f:id:cycle_junrei:20190101113118j:plain

6時59分、初日の出は大阪の高層ビル街の背後の生駒山地から現れます。

f:id:cycle_junrei:20190101113314j:plain

7時7分、西宮北高の坂道から見た初日の出の瞬間です。西宮では初日の出の時刻(7時5分頃)ですが、大阪方面の生駒山地があるので少し遅れています。

f:id:cycle_junrei:20190101113548j:plain

f:id:cycle_junrei:20190101113634j:plain

7時8分、大阪のビル街の背後から太陽が昇り始めました。

f:id:cycle_junrei:20190101113803j:plain

7時9分、晴天の下で太陽が昇り始めています。

f:id:cycle_junrei:20190101113836j:plain

7時10分、晴天の下で元日の一日が訪れます。

f:id:cycle_junrei:20190101113926j:plain

7時11分、今年の西宮北高における初日の出。太陽が完全に昇りました。

f:id:cycle_junrei:20190101114112j:plain

7時17分、初日の出を眺めた後、解散していく。

北高前の坂道はハルヒファンのみならず、毎年近所の一般の方もお越しになる初日の出のスポットですが、晴天が見込まれたこともあって多数の方が現地に来ていました。

【本ブログの過去の参考記事】

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

cycle-junrei.hatenablog.jp

 

「涼宮ハルヒの憂鬱/消失」、「長門有希ちゃんの消失」~北高の四季(2018年版)

兵庫県西宮市苦楽園の高台に所在する県立北高(実際の舞台は兵庫県西宮北高校)からの風景は、大阪湾一帯に広がる街並みと遠く生駒山系を一望することができます。2011年以来、毎年北高から眺めた四季の風景を紹介していますが、今年(2018年)も季節の移り変わりを紹介したいと思います。【作成 2018/12/30、更新】(撮影 2018/2/18, 3/31, 8/26, 11/10)

(a) 2018年の北高

f:id:cycle_junrei:20181230203329j:plain

春(撮影 2018/3/31)

f:id:cycle_junrei:20181230203359j:plain

夏(撮影 2018/8/26)

f:id:cycle_junrei:20181230203423j:plain

秋(撮影 2018/11/10)

f:id:cycle_junrei:20181230203226j:plain

冬(撮影 2018/2/18)

2018年の北高周辺の風景は特に大きな変化はありませんでしたが、昨年は4月10日頃に満開となっていた桜が、今年は3月30日頃と例年に比べて早く満開となりました。地球温暖化の影響が現れてきているのでしょうか?昨年の夏に北高側の木々の伐採により街並みの眺望は良くなったのですが、桜と紅葉が少し寂しくなりました。来年も好天が続くことを期待したいです。

【参考】 2011年以来、過去7年間の北高の四季については、下記記事をご覧下さい。

・北高の四季(2011年~2014年まで)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2015年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2016年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

・北高の四季(2017年版)

cycle-junrei.hatenablog.jp

 

映画「中二病でも恋がしたい! Take On Me」~(2) 聖地巡礼:和歌山県・和歌山、御坊、美浜地区

映画「中二病でも恋がしたい!Take On Me」(2018年1月6日より公開)に登場した舞台を場所別に紹介していきます。今回の映画では過去の京アニ作品の数々の舞台が登場し、「中二病」ファンに留まらず各作品のファンにとっても懐かしさを感じさせることとなりました。上述したように、本作品では日本各地の広い範囲の舞台が登場しましたが、ここでは和歌山県和歌山市御坊市美浜町を紹介したいと思います。なお一部舞台は同じく京アニ作品の「AIR」(2005年)でも登場しました。【作成 2018/8/16,最終更新】

御坊市美浜町

(1) 紀州鉄道西御坊駅

f:id:cycle_junrei:20180816194545j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195000j:plain

(撮影 2018/8/14)

京アニ作品の「AIR」(2005年)でも登場したお馴染みの景色です。

f:id:cycle_junrei:20180816194607j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195111j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816194625j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195141j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 西新薗橋より下川(日高川)を眺める。

f:id:cycle_junrei:20180816194641j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195339j:plain

(撮影 2018/8/14)

西御坊駅の駅舎前の踏切。

(2) 美浜町・尾上橋、お城のホテルの該当地

f:id:cycle_junrei:20180816195634j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195847j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 尾上橋は、紀州鉄道・市役所前駅付近の国道42号(熊野街道)・大浜通り交差点を西方に向かい、美浜町に入って西川(日高川)上に所在します。

f:id:cycle_junrei:20180816195654j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816195941j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816195711j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816200740j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 実際にはお城のホテルはありません。

f:id:cycle_junrei:20180816195728j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816200851j:plain

(撮影 2018/8/14)

(3) 美浜町・煙樹ヶ浜

f:id:cycle_junrei:20180816201138j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201506j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816201155j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201530j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 京アニ作品の「AIR」(2005年)でも登場したお馴染みの景色です。なお、「中二病」シリーズでは福井県美浜町が登場しましたが、本作で同名の和歌山県美浜町も登場することになりました。

和歌山市

(1) 和歌山駅前の高速バス乗り場

f:id:cycle_junrei:20180816201905j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201652j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816201931j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201715j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816201956j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201747j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816202017j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201810j:plain

(撮影 2018/8/14)

f:id:cycle_junrei:20180816202037j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816201835j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ 実際のダイヤも同じでした。

(2) モリサマと凸守の宿泊したホテル

f:id:cycle_junrei:20180816202131j:plain

f:id:cycle_junrei:20180816202149j:plain

(撮影 2018/8/14)

※ モリサマと凸守が宿泊したホテルのモデルは”和歌山アーバンホテル”と思われます。カットまで合わせるには高層階から撮る必要があります。

(※)当ブログでは比較目的のため、著作物の引用を行なっている箇所があります。これらの著作権は虎虎/京都アニメーション中二病でも製作委員会に帰属します。